【大阪】水漏れや水道トラブルの修理依頼におすすめの業者厳選5選!料金から口コミの評判までを紹介!

洗濯機から水漏れした際に考えられる原因とは?修理費用の目安も解説!

公開日:2022/04/15


気がついたら洗濯機の設置場所が水浸し、どうも水漏れしているようだと気がついたら、そのまま放置はできないでしょう。正常に機能しなくなる可能性もありますし、アパートやマンションなら階下に迷惑がかかる恐れもあります。今回は、洗濯機から水漏れする原因や、修理費用の目安についても解説していきます。

洗濯機から水漏れした際に考えられる原因

洗濯機から水漏れする際、考えられる原因はいくつかあります。

蛇口からの水漏れ

洗濯機へ給水する蛇口からの水漏れは、ゴムパッキンの劣化やナットの緩みが原因である可能性があります。ゴムパッキンは消耗品なので、劣化したら新品に交換する必要があり、ナットが緩んでいるのであればモンキーレンチでナットを締めましょう。

ニップルからの水漏れ

蛇口の給水するためのホースを取り付ける部分、ニップルが原因で水漏れすることもあります。蛇口と一体となっているニップルなら、ナットをモンキーレンチで締めることで水漏れは解消し、ネジで固定するタイプのニップルなら、ネジをドライバーで締め直すかゴムパッキンを交換しましょう。ニップル自体が劣化することで水漏れしている場合は、新しいものへの交換が必要になります。

給水あるいは排水ホースからの水漏れ

給水ホースや排水ホースからの水漏れは、ホース自体の損傷やホース内のつまりや、接続部分が緩んでいることが原因であると考えられます。ホースが損傷しているなら交換する必要がありますが、応急的な処置として防水タイプのテープなどを巻く方法もあります。接続部分の緩みが原因なら、締め直せばOKです。

排水エルボからの水漏れ

排水エルボとは、排水ホースと排水溝をつなぐL字型の部品ですが、ここから水漏れする場合は排水ホースや排水溝に汚れ・ゴミがつまっている可能性があります。排水エルボから水漏れしている場合は、排水ホースと排水溝内を確認し、汚れやゴミをキレイに取り除いてください。

洗濯機の下部からの水漏れ

洗濯機は水を溜める「器」でもあることから、洗濯機本体からの水漏れも考えられます。洗濯槽に穴があいてしまった、あるいは洗濯槽と排水ホースをつなぐ接続部分が壊れているケースもあります。このような洗濯機本体の故障の場合、メーカーに修理を依頼するか、もしくは買い替えを検討する必要があり、水回りのトラブルに対応する修理業者では解決することが難しいでしょう。

洗濯機の水漏れ修理費用の目安

洗濯機の水漏れ修理は、排水エルボからの水漏れのように自分で掃除するだけなら費用はかかりません。しかし、交換する部品を購入する必要があったり、修理を業者に依頼するなら費用もかかってしまいます。修理費用の目安について説明しましょう。

自力で水漏れを修理する場合

最近は洗濯機の部品もホームセンターや家電量販店、ネット通販で購入できるので、購入可能なら自分で修理することもできます。ホースやニップルなどは1,000円前後で手に入れることができ、交換を自分で行うのでもちろん交換・取り付け費用は0円です。

ただ、洗濯機に合わない部品を購入したり、正確に取り付けることができない場合は水漏れを直すことはできません。交換・取り付けに自信がない人なら、無理をせず修理業者やメーカーに依頼しましょう。

メーカーに修理を依頼する場合

保証期間内の水漏れなら、メーカーに修理を依頼する場合無料になります。保証期間を過ぎてしまったら実費になりますが、メーカーによって金額が異なります。水漏れの修理費用の目安としては1万円~2万円程度です。

水道修理業者に依頼する場合

洗濯機本体の故障以外、蛇口やホース、排水溝などが水漏れの原因である場合は、水道修理業者でも対応してくれます。業者によって費用は異なりますが、目安としては次の通りです。

▪排水ホースの交換・修理5,000円~7,000円程度
▪水栓の交換8,000円~1万5,000円程度
▪パッキンの交換・緩みの調整5,000円~
▪ニップルの交換1万3,000円~1万8,000円程度

これらはあくまでも目安であり、実際に業者が確認して修理が必要な箇所を判断してくれます。トラブルになるのを防ぐため業者には見積りを出してもらい、確認し納得した上で修理を依頼しましょう。

洗濯機の水漏れを防ぐ対策

洗濯機の水漏れは、日頃のちょっとした心がけ・正しい使用方法で防ぐことが可能です。水漏れを防ぐための対策について見ていきましょう。

洗濯物は適量で

洗濯機には容量が定められており、それを超えた洗濯物を入れることで負担がかかり、振動も大きくなるので故障の原因になります。洗濯物は容量の7~8割を目安にするのがベストです。

洗濯槽も定期的に掃除する

毎日使用することで洗濯槽にはゴミや汚れが溜まります。これが排水ホースをつまらせる原因にもなるので、1ヶ月に1度洗濯槽の掃除を行うことをおすすめします。1ヶ月に1度が難しければ最低でも2ヶ月に1度、排水ホースの中も掃除することを心がけてください。

使用しない時は蛇口を締めておく

常に洗濯機の蛇口は開けっ放し、使用するとき以外は水が出ないのでOKだと思っているかもしれません。しかし、この状態では蛇口の中のゴムパッキンの劣化が早まり、水漏れする可能性が高くなります。蛇口は洗濯機を使用する時のみ開け、洗濯が終了したら締めることを心がけてください。

排水ホースの勾配をチェック

排水がスムーズに行われるように、排水ホースは排水口に向かって緩やかな勾配になるよう設置されていますが、洗濯機が振動することで逆勾配になることもあります。こうなると洗濯機に排水が流れてしまい、ゴミが溜まりやすくなります。排水ホースの勾配も定期的に確認することをおすすめします。

 

洗濯機からの水漏れは自分でも修理可能ですが、修理に自信がなかったり確実に直すためには専門の修理業者に依頼するのがおすすめです。水漏れは日頃の心がけ次第で防ぐことも可能ですから、面倒でも定期的な掃除やチェックを行いましょう。正しく使用することで水漏れを防ぐだけでなく、長く使い続けることにもつながるはずです。

【大阪】水漏れ修理におすすめの水道業者比較

商品画像
サービス名水道救急110番
水漏れ110番イースマイルクラシアン水協
特徴豊富な専門知識と技術力で丁寧に修理を行うお客様満足度98.7%を達成!料金設定も明確で良心的水回りの修理に加えて、水道器具の設置も対応可能業界大手ならではの品質と接客が強み無駄な費用を抑えて安い料金で提供
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧