【大阪】水漏れや水道トラブルの修理依頼におすすめの業者厳選5選!料金から口コミの評判までを紹介!

水漏れが起こったらどうすればいい?対処方法と修理業者の選び方とは

公開日:2022/07/15


自宅の壁や床に水たまりができているといったように、住宅設備のどこかから水漏れが発生してしまうと、パニックになってしまいがちです。水漏れ箇所を特定できている場合と、原因がわからない場合で対処法が変わるのですが、冷静かつ迅速に対応しないと被害が拡大してしまいます。そこで本記事では、水漏れトラブルの対処法を解説します。

水漏れしていたらまず水の流れを止める

水は毎日の生活に欠かせないライフラインですが、設備や配管の故障によって水漏れが発生するケースがあります。すぐに水漏れに気がつけば、不具合が生じている原因箇所がわかります。しかし、仕事などから帰宅し、すでに床が浸水している状況では、原因箇所がどこかを突き止めるのは簡単ではありません。最初のステップとして水を止めなければなりませんが、原因箇所がわかっているかどうかで、対応も変わります。

まず、原因がわかっている場合は止水栓を閉めましょう。止水栓は水回りの住宅設備に取り付けられており、設備ごとに水流をコントロールしているものです。そのため、お風呂の止水栓を閉めたとしても、トイレやキッチンの水は使用できるのです。

一方、原因箇所が特定できない場合は、元栓を閉めましょう。戸建ての場合、元栓は住宅と道路の間にある、水道メーターに設置されています。水道メーターの検針時に点検されている箇所です。わからない場合は、地面にある四角いフタに量水器または水道メーターと書かれているところを探しましょう。元栓は時計回りに回すと水が止まります。ただし、元栓を閉めると一時的に住宅全体で水が使用できなくなります。

自分で治せる水漏れのケース

水漏れは設備ごとにさまざまな原因で発生します。修理経験のない素人が対応できるケースは、異物のつまりまたはボルトやナットの緩みだけです。たとえば、トイレで紙つまりが発生して水が溢れているケースでは、ラバーカップや薬剤を使って解消できる可能性があります。一方、シャワーや蛇口から水がぽたぽたと漏れているような不具合は、ナットやボルトの緩みが考えられます。その場合はレンチやタオル、ゴム手袋を使って修理できるでしょう。

水漏れは修理業者に依頼したほうがいい

生活に欠かせないライフラインである水に関するトラブルが発生したら、できるだけスピーディーに対処したいと考えるものでしょう。業者に連絡して家に来てもらう間に、自分で対処できるのではと考える人も少なくありません。しかし、素人で修理できる範囲は限られており、修理するつもりがむしろ状況を悪化させてしまうケースもあります。最初から業者に依頼しておけば、修理費用も安く、早く対処できたのにと後悔することになるでしょう。

なお、工賃が高額なのではと不安に感じる方もいるかもしれませんが、修理費用の相場は5,000円ほどとそれほど高くありません。そのため、水漏れが発生したら、いったん水を止めて業者に連絡しましょう。水のトラブルは急を要するため、24時間365日対応している業者も多くあります。業者の担当者は対応に慣れており、スムーズかつ迅速に対応してくれるはずです。

頼れる水漏れ修理業者の見分け方

いざ業者に連絡しようとすると、数が多すぎて驚くことがあるでしょう。業者の数が多いのには問題ないかもしれませんが、中には悪徳業者があるので注意しなければなりません。優良業者を判断するポイントの一つは、最初に問い合わせをしたときの対応です。対応がスムーズかつ丁寧で、質問に対して的確な回答をしてくれる業者は安心して作業を任せられるでしょう。

また、作業前に工事費用の総額を伝えてくれるかどうか、追加で費用がかかる場合はその都度説明してくれるかどうかもチェックしておきしょう。そのほか、できれば複数の業者から見積もりを取り、相場と比較して安すぎたり、高すぎたりしないかを確認するのがおすすめです。

水漏れ修理後にするべきこと

工事が終了したら、掃除や保険の申請を行わなければなりません。軽い水漏れならこぼれている水を拭けば問題ありませんが、床や壁が浸水していたら業者に依頼して清掃または交換してもらいましょう。また、戸建ての場合、火災保険の水漏れ補償を申請しましょう。保険を申請すると給付金を受け取れるため、修理代金や原状回復にかかる修繕費用の負担を軽減できます。保険が適用されるかどうか判断できない場合は、損害保険会社の担当者に確認するのがおすすめです。なお、自宅のトラブルだけでなく、近隣の住宅の水漏れで被害を受けた場合も保証の対象となります。知らずに損をしないよう、適切な対処を行いましょう。

 

自宅で水漏れが発生したら、焦ってしまい何から対処すべきか冷静な判断ができなくなりがちです。まずは落ち着いて、水を止めるのが最初のステップです。原因箇所がわかる場合は止水栓を閉める、原因箇所が特定できない場合は元栓を閉めます。なお、自分で修理することも可能ですが、状況を悪化させてしまうこともあります。無理に自分で直そうとはせず、少しでも不安があるなら業者を呼ぶのがおすすめです。

【大阪】水漏れ修理におすすめの水道業者比較

商品画像
サービス名水道救急110番
水漏れ110番イースマイルクラシアン水協
特徴豊富な専門知識と技術力で丁寧に修理を行うお客様満足度98.7%を達成!料金設定も明確で良心的水回りの修理に加えて、水道器具の設置も対応可能業界大手ならではの品質と接客が強み無駄な費用を抑えて安い料金で提供
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧