【大阪】水漏れや水道トラブルの修理依頼におすすめの業者厳選5選!料金から口コミの評判までを紹介!

業者に任せなくても直る?水道の水漏れ修理を自分で行う方法!

公開日:2021/06/15

蛇口の水漏れが発生した際、自分で修理ができれば業者に依頼するより費用が抑えられます。しかし、水漏れや蛇口の状態によっては、業者に依頼した方が良いと考えられるケースもあります。この記事では、水漏れの主な原因と、原因別に代表的な修理方法をご紹介します。

水漏れの主な原因と水漏れしやすい場所

蛇口の水漏れの主な原因の多くは、ナットの緩みや部品の汚れ・劣化です。蛇口の種類や、水漏れの箇所によって部品が異なるため、まずは蛇口の種類と、水漏れしている箇所を特定しましょう。例えば、蛇口が「ハンドル式」か「レバー式」かによって、水漏れする箇所が異なります。

ハンドル式(混合栓の場合、温水・冷水用の2つのハンドルがある)
ハンドル式の場合、水漏れする箇所は以下の通りです。
・ハンドルの下
・水が流れるパイプの付け根
・壁と偏心管の間
・壁付き蛇口の壁の取り付け部分
・吐水口

レバー式(温水・冷水をレバーの向きで調節)
レバー式の場合、水漏れする箇所は以下の通りです。
・レバーの下
・吐水口周辺

蛇口の種類と、水漏れしている箇所がわかれば、原因と修理の方法が推測できます。

水漏れの原因ごとの直し方

修理に取り掛かる前に、必ず蛇口に給水している大元の止水栓を閉めて、給水が止まったことを確認しましょう。この止水を忘れると、作業中に水が噴き出し、床や家財が水浸しになる可能性があります。止水栓の形状によってはドライバーを使わないと閉まらないものもあるので、事前に形状を確認し、必要であれば工具を用意しましょう。水漏れ修理に必要な工具としては、以下のものが挙げられます。修理する蛇口に適合する工具を選びましょう。

・蛇口本体を外す水栓レンチ
・モンキーレンチなど、ナットを緩める工具
・止水栓やハンドルを外すドライバー
・ピンセット

ここからは、蛇口の種類と、水漏れの箇所別に、考えられる原因と修理方法をご紹介します。

ハンドル式の蛇口のハンドル下の水漏れ

ハンドルの下から水漏れが発生している場合、ナットの内部にある三角パッキンの劣化が考えられます。三角パッキンの交換をするには、まずハンドル上部の中央にある色ビス(赤・青)を外します。次に、内部に止められているネジをドライバーで外し、ハンドルを取ります。ハンドルを外したら、ナットをレンチで外し、ナットの裏にある三角パッキンを交換します。最後に取り外したハンドルをもとに戻します。

ハンドル式の蛇口のパイプの付け根の水漏れ

パイプの付け根にあるナットに緩みがない場合、Uパッキンとリングの劣化が考えられます。Uパッキン・リングの交換を交換するには、まずパイプの付け根にあるナットを緩め、パイプを本体から外します。次に、パイプのナットを移動させて、Uパッキンとリングを交換し、最後にパイプをもとに戻します。

ハンドル式の蛇口の吐水口の水漏れ

吐水口の水漏れが起きている場合、蛇口の内部にあるパッキン、コマの劣化が考えられます。パッキン、コマの交換するには、レンチなどで、ハンドルの下にあるナットを外します。次に、蛇口の内部にあるコマを取り出します。そしてコマのナットを外し、パッキンかコマごと新品と交換します。最後に、逆の手順で元の状態に戻します

レバー式の蛇口

レバー式の水漏れのほとんどは、流水量を調節するカートリッジやパッキンの劣化が原因です。本体の根元部分からの水漏れであれば、それが原因であると考えて良いでしょう。レバー式は機種によって、カートリッジや交換方法が異なります。取り扱い説明書があれば、メーカーの純正品や交換方法を確認できます。カートリッジの交換するには、まずレバーのタイプに合わせた方法で、レバーを外します。次に、スパウトのカバーを外し、新しいカートリッジと交換し、部品を元に戻します。もしそれでも水漏れが解決しない場合は、カートリッジとスパウトを外してパッキンを交換しましょう。

このように、水漏れは部品の劣化が原因であることが多いですが、部品を交換しても直らないときは、蛇口本体の故障も考えられます。

どの程度の状態なら自分で修理できる?

自分で修理がするか否かの最初の判断は、水漏れの水量です。水漏れの勢いが強い場合、複数の箇所が破損している可能性があります。原因の特定が難しい場合も含めて、業者に依頼することをお勧めします。

水漏れが少量で、原因(部品)と修理の方法が特定できていて、加えて部品や修理する箇所を問題なく外せる場合、自分で修理できる可能性が高くなります。ですが修理の途中で、部品が固いため外せなかったり、違う場所から水漏れを起こしてしまったり、蛇口や取り付け場所が古くて壊れてしまったりと、想定していなかったトラブルが発生することも少なくないことも念頭に置いて検討しましょう。

 

水漏れの主な原因と、原因別の代表的な修理方法をご紹介しました。原因を特定する前に、まずは水漏れの水量などの状況や、蛇口の経年などの状態も含めて検討することをお勧めします。そして、蛇口の修理以上の費用がかかってしまわないよう、修理の前に、止水栓で給水を止めることを必ず忘れないようにしましょう。

【大阪】水漏れ修理におすすめの水道業者比較

商品画像
サービス名水道救急110番
水漏れ110番イースマイルクラシアン水協
特徴豊富な専門知識と技術力で丁寧に修理を行うお客様満足度98.7%を達成!料金設定も明確で良心的水回りの修理に加えて、水道器具の設置も対応可能業界大手ならではの品質と接客が強み無駄な費用を抑えて安い料金で提供
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索