【大阪】水漏れや水道トラブルの修理依頼におすすめの業者厳選5選!料金から口コミの評判までを紹介!

蛇口の水漏れは自分で直せる?業者を呼ばなくてもできる修理方法とは

公開日:2022/02/15


蛇口をしっかり閉めてもポタポタと水が漏れてくると気になりますよね。これくらいならと放置してしまう方も多いかもしれません。しかし、ポタポタ程度の水漏れであっても放置しておけば水道代の無駄になります。今回は蛇口の水漏れを自分で直したい方に修理の方法を紹介します。「自分でできそうだな…」と思った方はぜひ試してみてください。

蛇口の水漏れは水道代がかかる

水漏れをしていることに気づいて、すぐに修理できないときに気になるのが水道代です。ずっと水が出ていれば水道代にも影響するでしょう。ポタポタ程度の水漏れであっても、水道メーターが感知すれば当然、使用量としてカウントされてしまいます。最近作られた水道メーターはとくに感度が高く、少しの水漏れでも感知してしまうといわれています。

1秒で1滴の水が漏れていた場合には、1か月で200円ほどの水道代がかかると思ってよいでしょう。すぐに修理すれば200円程度で済みますが、放置した場合に1年で2,000円以上にもなると考えると、意外と料金がかかってしまう印象ですね。水漏れに気づいたら、できるだけ早急に対処することをおすすめします。

蛇口の水漏れの原因

ある日急に起こる水漏れ。「昨日までは大丈夫だったのに急に壊れたりするの?」と疑問に思うかもしれません。水漏れの原因は見えないところで進行している場合があります。ここでは蛇口から水がポタポタと垂れてくるときの主な原因を3つ紹介します。

パッキンまたはカートリッジの劣化

まずは蛇口のパッキンの劣化です。パッキンとは水筒のパッキンのように、接合部分にできる隙間を埋める役割をしているリング状のゴムです。水道の蛇口にはコマパッキンと三角パッキン、パイプパッキンの3つが使われています。

これらのパッキンの劣化により隙間ができることが水漏れの原因の一つです。またレバー式の蛇口では水道内部にカートリッジが使われていますが、このカートリッジの劣化や故障によっても水漏れが起きることがあります。

パッキン周りのさび

先ほどはパッキンの劣化についてお話ししましたが、パッキン自体に問題がなくても、パッキン周りの金属にさびが生じることで隙間ができ、水漏れを起こすことがあります。

また、滅多にありませんが、蛇口の内部にごみが入り込むことで隙間ができ、さびが生じた結果水漏れを起こすケースもあるようです。

蛇口のネジやナットの緩み

蛇口のネジやナットの緩みも水漏れの原因になります。「ネジの緩みで水漏れ?」と思うかもしれませんが、よくあるケースといわれています。ネジの隙間から水が出てしまうことが原因です。

蛇口と壁を接合している部分や、レバータイプの蛇口であればレバーの付け根などに注目してみましょう。その他、ネジやナットが使われているすべての箇所に緩みがないか確認してください。

蛇口の水漏れの直し方

ポタポタ程度の水漏れなら、自分で修理も可能なことがあります。とくに蛇口付近のナットから水が漏れている場合は、ナットを締め直すだけです。ナットはモンキーレンチを使用して締めます。モンキーレンチのウォームギアを回し、必ずナットの大きさに合わせてから回してください。

もし、ナットの緩みが原因でない場合は、内部のパッキンやカートリッジの状態を確認してみましょう。部品を交換して修理する場合は5,000円程度で修理が可能です。念のため、止水栓を閉めてから修理を行うことをおすすめします。

ここでは、ハンドルタイプ(回して開け閉めする昔からあるタイプ)の蛇口のケレップ(パッキン)交換とシングルレバータイプの蛇口のカートリッジ交換について詳しく説明します。

ハンドルタイプのケレップ交換

まず、交換用のケレップを用意します。型番が不明な場合は、一度蛇口の分解をしてケレップを外し、ホームセンターで同じものを探すと間違いがないでしょう。ハンドルのネジを外してハンドルを取り外します。レンチで上部にあるナットを外し、パッキンとスピンドルを取り外します。スピンドルが外れたら、ケレップを取り外すことができるため、新しいケレップに交換しましょう。

交換したら部品を外したときとは逆の手順で取り付け、完了です。止水栓を開けて、水漏れしなくなったかどうかを確認してください。外した部品と取り付ける順番は忘れないよう、手順ごとにスマートフォンなどを使って撮影しておくとわかりやすいでしょう。

シングルレバータイプのカートリッジ交換

こちらも交換用のカートリッジを用意します。ハンドル下のネジを緩め、シングルレバーを外します。次に外カバーを回して取り外しましょう。そして古いカートリッジを取り出します。カートリッジはネジで固定されていることが多いので、ドライバーを使ってネジを緩めてください。新しいカートリッジを取り付け、逆の手順で取り付けて完了です。

こちらも手順があまり多くなく、素人でも簡単に交換が可能です。

 

ここまで水漏れや修理の方法についてお話しました。蛇口の部品交換なら簡単そうと思った方も多いかもしれませんね。水漏れの原因が特定できない場合や、「自分で修理するのは不安…」という方は業者にお願いするとよいでしょう。古い水道の場合、部品の交換にとどまらず、蛇口ごと交換したほうがよいこともあります。水道は生活に欠かすことのできないものです。水漏れに気づいたら放置せず、早めに修理しましょう。

【大阪】水漏れ修理におすすめの水道業者比較

商品画像
サービス名水道救急110番
水漏れ110番イースマイルクラシアン水協
特徴豊富な専門知識と技術力で丁寧に修理を行うお客様満足度98.7%を達成!料金設定も明確で良心的水回りの修理に加えて、水道器具の設置も対応可能業界大手ならではの品質と接客が強み無駄な費用を抑えて安い料金で提供
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧