【大阪】水漏れや水道トラブルの修理依頼におすすめの業者厳選5選!料金から口コミの評判までを紹介!

洗濯機の排水溝付近で起こりやすいトラブルとは?原因や予防方法を解説

公開日:2022/11/15


洗濯機を使用していて、突然排水があふれたり洗濯機にエラーが出てとまったりして困っていませんか。洗濯機を使用しているときは、洗濯が終わるまで気にかけていないため、知らない間に水漏れを起こして水浸しになっている場合があります。トラブルに合わないためにも、原因や予防方法を知っておきましょう。

洗濯機の排水溝付近でよくあるトラブル

洗濯機の排水溝付近で起こるトラブルは、排水溝の水漏れ・排水の詰まり・洗濯機の排水ホースが破損する・排水接続口の不具合などがあげられます。突然のトラブルに合わないように、原因を知って予防をしましょう。

洗濯機の排水溝付近で水漏れが起こる原因

排水溝から水漏れしている場合

洗濯機の排水ホースが排水溝から外れていませんか。洗濯機の排水ホースは多くの場合、排水エルボと呼ばれる継手と接続されています。洗濯機の振動などで、洗濯機の排水ホースと継手が外れてしまう場合があるため、接続部が外れてしまっていないか確認してみましょう。

排水の詰まり

洗濯機の排水は、排水トラップと呼ばれる排水臭や虫の侵入を防止するために設けられている設備をとおって排水されます。この排水トラップにホコリや洗濯物の繊維などが詰まってしまうのです。洗濯機の排水は防水パンが設置されているタイプと、床に直接接続口があるタイプの2種類がありますが、どちらのタイプでも排水トラップは設置されています。また、排水管の中でホコリや繊維などが詰まってしまっている場合もあります。

排水ホースの破損

排水ホースが劣化して、亀裂や小さい穴が空いてしまう場合があります。特に、屋外に洗濯機を設置していると、日差しや気温の変化などで排水ホースの劣化が激しくなります。洗濯機を排水した際に、ホースから水が漏れてこないか確認してみてください。

接続口の不具合

洗濯機の排水ホースと排水エルボが接続されている部分がゆるんでいませんか。テープやクリップなどは、時間が経過すると緩んでしまう場合があります。床に直接排水溝が設置されているタイプは、排水エルボと床の金具をねじ込んで固定しています。ねじ込みがゆるんでしまっていないか確認してみてください。

洗濯機の排水溝付近の水漏れを放置するとどうなる?

洗濯機の排水は、思っているよりも多くの水が排水されます。防水パンが設置されている場合は、ある程度の水漏れであれば大事にはなりませんが、すべての水を受け止められるわけではありません。水漏れを放置してしまった場合、どうなってしまうのでしょうか。

床が水浸しになる

当然ではありますが、あたり一面が水浸しになります。洗濯機の排水量は少なくても20リットルの水が流れるため、バケツをひっくり返した時と同じ状況になってしまうのです。大容量の洗濯機になれば50リットル以上の水が排水されるため、大変な事態になると想像ができますね。

壁や床が傷む

床に漏れ出した水は、床下や壁に浸透してしまい思わぬ被害を引き起こす原因になります。床下には、床を支える床束と大引きや、床板を支える根太があり、水を吸い込むと腐食してしまいます。戸建ての場合、壁の骨組みは木造が多く床と同様に腐食してしまい、マンションなどの場合、軽量鉄骨が使用されており、錆びてしまいます。壁板の石膏ボードに水が浸透してしまうと、カビが発生する原因になるなど、目に見えないところでトラブルを起こしてしまうのです。

集合住宅の階下への被害

集合住宅の床下はコンクリートですが、亀裂や設備配管の隙間から階下へ漏れてしまい階下の天井から水漏れしてしまう被害が出てしまう場合があります。自分では気が付かないうちに、階下が被害にあってしまうケースは珍しくありません。天井内には照明などの電気配線があり、漏電して火災を引き起こしてしまう可能性もあるため大変危険です。

洗濯機の排水溝付近で水漏れが起きないようにする予防方法

水漏れを放置してしまうと大きな被害が出てしまいますから、そうならないためにも普段から予防をしておかなければいけません。

ホース接続部の点検

排水ホースと排水エルボがしっかり接続されているか、手で触って確認しましょう。テープやクリップがゆるんでいた場合は、締め付けなおしてください。

排水トラップの点検

防水パンの場合は、受け皿のところに洗剤のカスやホコリなどがたまってしまいます。簡単に取り外せますから、定期的に清掃しましょう。床に直接接続している場合は、排水エルボのねじ込みを外すと排水管の中に筒状のトラップが入っていて、簡単に引き抜けるようになっています。

排水ホースの点検

排水ホースからの水漏れは、実際に目で見ないと分かりません。洗濯機を使用している際、たまに確認するようにしましょう。

洗濯機の清掃

洗濯機の内部は、カビや洗剤カスで汚れが付着しています。定期的に専用クリーナーで洗濯機のお手入れをしましょう。また、洗濯機についているフィルターにゴミが付着したまま使用していると、受け止めきれなかった汚れが排水に流れてしまい、詰まりの原因となってしまいます。1週間に1度程度は点検して清掃しましょう。

まとめ

洗濯機の排水溝で起こるトラブルは、思わぬ二次被害に繋がってしまう可能性があります。普段、あまり目にとまらない洗濯機の排水溝だからこそ、起こってしまう被害ともいえるでしょう。床や壁が傷んでしまい修理をするとなれば、大きな出費になってしまいます。日頃の点検とお手入れをしっかりと行なって安心して使えるようにしましょう。

【大阪】水漏れ修理におすすめの水道業者比較

商品画像
サービス名水道救急110番
水漏れ110番イースマイルクラシアン水協
特徴豊富な専門知識と技術力で丁寧に修理を行うお客様満足度98.7%を達成!料金設定も明確で良心的水回りの修理に加えて、水道器具の設置も対応可能業界大手ならではの品質と接客が強み無駄な費用を抑えて安い料金で提供
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧